2019-08

小学校中学年(3・4年生)

かあちゃん取扱説明書

ページ数:152ページ 読みやすさ:★★★★★ あらすじ:いつもガミガミうるさいかあちゃんを、思い通りに動かしたい!哲哉はひそかにかあちゃんのトリセツを書きはじめた。すると…。
小学校中学年(3・4年生)

かぐやのかご

ページ数:94ページ あらすじ:-わたしじゃないよ。わーん、わーん。学校からの帰り道、大きな声でないていた清香に、竹のたばをかかえたおばあちゃんが、話しかけてきました。「じょうちゃん、わるいども、ちょっとこれもってけれ」竹のたばをおしつけられ、清香のなみだは思わず止まりました。おばあちゃんは、ザル作りの名人だったのです。まほうのような手さばきで、やわらかく形を変えていく竹を見るうちに、清香の心はしだいに安らいでゆき…。小学3年生から。
小学校低学年(1・2年生)

ひみつのきもちぎんこう

ページ数:87ページ あらすじ:ゆうたは、いつも学校でりくくんや、ここみちゃんたちに対して良くないことばかりしていました。あるとき、いつものように悪さをしているとチャリーンと貯金箱にお金が入るような音がしました。家に帰ってみると、「きもちぎんこう」というところから手紙が来ていて、もうすぎ通帳がいっぱいになると書いてあります。気になって手紙に書いてあった「きもちぎんこう」にいってみると、銀行の番頭さんから、悪いことをすると黒いコインがたまっていき、あと一枚でいっぱいになり、いっぱいになると良い心がなくなってしまうといわれます。ゆうたは、良い心がなくなってしまったら一体どうなるのだろうと心配になってきました。ゆうたはこのあと、どうしていくのでしょうか。
小学校中学年(3・4年生)

びりっかすの神さま

ページ数:164ページ あらすじ: 4年生の木下始(はじめ)は、転校してきた4年1組の教室で、あいさつをしようとしたとき、とつぜん目の前にすきとおった男の人を見てしまいます。背中に小さなつばさがあり、自分にしか見えません。どうやら、「びり」の人に見えて、そうでない人には見えない。始は、この男の人(びりっかすさん)を見るためにビリになろうとするのですが・・・・。
小学校低学年(1・2年生)

スタンリーとちいさな火星人

ページ数:32ページ あらすじ:お母さんが泊まりがけででかけた日、スタンリーは火星へと飛び立ちました。すると、入れかわりにやってきたのは、スタンリーによく似た火星人。お兄さんのウィルに「弟のスタンリーにそっくりなんだけどな」といわれても、「ボクはスタンリーじゃない。カセイジンだ」といいはります。地球の調査のためにやってきたというこの火星人、いつもヘルメットをかぶっていて、手は洗わないし、お風呂にも入りません。そこに、お母さんが帰ってくると、火星人は…
小学校高学年(5・6年生)

マザンナの風にのせて(原題:Paper Wishes)

ページ数:189ページ あらすじ: 1942年、アメリカ。日系アメリカ人のマナミは、ワシントン州ベインブリッジ島で、家族と幸せに暮らしていた。  いつものように学校へ通い、友達と遊ぶ日々は、ある日突然変わってしまう。家族で「強制立ち退き」しなければならなくなったのだ。住みなれた土地から放され、愛犬とも別れる運命になったマナミは、ショックから声を失ってしまいます。 日系人収容所という場所でも、家族やまわりの人びととささえあい、希望を見いだしていきてゆく力強い物語です。
小学校低学年(1・2年生)

心ってどこにあるのでしょう?

ページ数:24ページ あらすじ:心ってどこにある? 好きな人の前で赤くなるからほっぺ? ドキドキするから胸? いやな ことがあると痛くなるから、おなかかな。犬の心はしっぽにあるかもしれない。いろんな 涙があるから目にあるのかも…。温かい絵と文で贈る“心えほん”。
小学校低学年(1・2年生)

魔女ののろいアメ

あらすじ: 図書館に返す本をお姉ちゃんの分まで持たされた妹のサキ。怒りながら歩いていると、いつもはないはずの「アメ屋」の屋台を見つけます。そこでサキは魔女だというおばあさんから「のろいのアメ」を貰いました。なんと「のろいのアメ」は悪口を10個言いながら混ぜて作ると、食べた人はひっくり返るほどのまずさになるのです。
小学校高学年(5・6年生)

もうひとつの屋久島から : 世界遺産の森が伝えたいこと

あらすじ:1993年、日本で初めて世界遺産に登録された屋久島。この自然豊かな島のいたる所で、その11年前まで広大な原生林が伐採されていた事実があった!屋久島の過去・現在・未来にせまる、渾身のドキュメンタリー。