大名行列

大名行列小学校低学年(1・2年生)

「大名行列」書籍情報

対象

小学校低学年(1・2年生)

出版社

小学館

著者名

シゲリカツヒコ

翻訳者

本体価格(税別)

1300円

ページ数

32ページ

ISBN10

4097267752

ISBN13

9784097267751

「大名行列」あらすじ

びっくりの行列がどんどん続く! 「したに~、したに~」の声が響く大名行列。いかめしいお侍さんの行列・・・と思いきや、馬が巨大化? あら、団子屋さんで休憩? いやいや、妖怪、マンモス、恐竜に宇宙人まで出てくるよ!? いったいこの行列はどうなって、どこに行くの? 詳細な武士の姿は超リアルなだけに、変化していく姿もリアルで何とも不思議。 ただ眺めているだけで飽きない、おもしろ不思議絵本。

【編集担当からのおすすめ情報】 武士やその小道具が細密に描かれていて、それだけで見る価値ありですが、そこに仕掛けや隠し絵があって、何度も楽しめます。 この美しい絵がすべてCGではなく、原画で描かれているのに、原画を見ている私もびっくりしています。

「大名行列」読書感想文の書き方指針

読書感想文を書くための題材としては、非常に難しいです。見開き2ページに大名行列のイラストがあり、町だけでなく、お相撲をしているところや妖怪たちがのぞき見る中、はたまた宇宙人と一緒に大名行列をする、という面白いイラストの絵本と考えてください。文字は見開き2ページに20文字ほどしかありませんので、これらの面白いイラストから、どういう所が面白かったか、大名行列って何なのか、といったような内容を読書感想文にまとめることになります。内容が難しいということではありません。

話のストーリーがあるというよりは、大名行列というかしこまったものを面白おかしく色々な登場人物を混ぜて表現しているイラスト作品です。読書感想文を書くポイントも絞り切れないので、何か夏休みなどの宿題で読まないといけない場合で、読書感想文は課題として与えられていない場合に読まれた方がよい作品です。

「第67回『小学館児童出版文化賞』」にも選ばれています。

「大名行列」読書感想文 参考例文・サンプル

まだコンクールなどでは発表されていないようです。