心ってどこにあるのでしょう?

心ってどこにあるのでしょう小学校低学年(1・2年生)

「心ってどこにあるのでしょう?」書籍情報

対象

小学校低学年(1・2年生)

出版社

金の星社

著者名

こんのひとみ

翻訳者

いもとようこ

本体価格(税別)

1400円

ページ数

24ページ

ISBN10

4323024665

ISBN13

9784323024660

「心ってどこにあるのでしょう?」あらすじ

心ってどこにある? 好きな人の前で赤くなるからほっぺ? ドキドキするから胸? いやな ことがあると痛くなるから、おなかかな。犬の心はしっぽにあるかもしれない。いろんな 涙があるから目にあるのかも…。温かい絵と文で贈る“心えほん”。

「心ってどこにあるのでしょう?」読書感想文の書き方指針

24ページしかない大型本ですので、どんなお子さんにも簡単に読むことができると思います。また、同じようなフレーズが繰り返しありますので、理解もしやすい内容となっています。

  • 読んでみて、自分の中で心はどこにあると思いましたか
  • 自分はどんなときに、心があるというふうにかんじるでしょうか
  • いろんな人に、心があると感じるのはどういう時か聞いてみましょう

こういった観点で、お子様に感想文を書いてみるよう促してみてはどうでしょうか。

「第65回 青少年読書感想文全国コンクール(2019年/令和元年)」にも選ばれていますので安心して読書感想を書く対象として設定できます。