スタンリーとちいさな火星人

スタンリーとちいさな火星人小学校低学年(1・2年生)

「スタンリーとちいさな火星人」書籍情報

対象

小学校低学年(1・2年生)

出版社

あすなろ書房

著者名

サイモン・ジェームズ 

翻訳者

千葉 茂樹

本体価格(税別)

1,400円

ページ数

32ページ

ISBN10

4751528408

ISBN13

978-4751528402

「スタンリーとちいさな火星人」あらすじ

お母さんが泊まりがけででかけた日、スタンリーは火星へと飛び立ちました。すると、入れかわりにやってきたのは、スタンリーによく似た火星人。お兄さんのウィルに「弟のスタンリーにそっくりなんだけどな」といわれても、「ボクはスタンリーじゃない。カセイジンだ」といいはります。

地球の調査のためにやってきたというこの火星人、いつもヘルメットをかぶっていて、手は洗わないし、お風呂にも入りません。そこに、お母さんが帰ってくると、火星人は…

母親がいない日を、空想の力でなんとかやり過ごそうとする男の子と、それをやさしく見守る家族の姿が、あたたかく描かれている絵本です。

「スタンリーとちいさな火星人」読書感想文の書き方指針

お母さんが働いている家庭で起きる日常的を描かれている絵本です。

小学校低学年(1・2年生) の推薦図書となっていますが、スタンリーの気持ちを汲み取るのはかなり難しいようにも感じます。

  • スタンリーはなぜお母さんがでかけていくと火星に飛び立ったのか考えてみる
  • スタンリーと火星人はどのような関係を考えてみる
  • なぜお父さんとお兄ちゃんは火星人を温かく迎えてくれたの考えてみる
  • 自分だったらお父さんお母さんが出かけて留守番をしている時に、どうやって過ごすか考えてみる

こういった観点で、お子様に感想文を書いてみるよう促してみてはどうでしょうか。

「第65回青少年読書感想文全国コンクール2019」にも選ばれていにも選ばれていますので安心して読書感想を書く対象として設定できます。