小学校中学年(3・4年生)

雪窓

あらすじ:山のふもとの村におでん屋さんがありました。おでん屋台の暖簾(のれん)には「おでん 雪窓」と書かれていて、おじさんが一人でおでん屋さんをやっています。そこへある日、お客として、タヌキがやってきました。あまりに熱心におでんのことを聞くので、タヌキに助手になってくれないかと頼むと大よろこび。タヌキは助手になり、一人寂しくおでん屋さんをやっていたおじさんも、タヌキと二人で毎日楽しくすごします。
感想文の書き方/選び方

読書感想文を書きやすくするための3つの方法(対策シート付)

子供のころは、というと本を読んだ後、いきなり読書感想文を書き始め、読んでは書き、読んでは書きの繰り返し。これでは効率が悪くてしようがありませんし、感想文を書くためのヒントを探しながら書かなくてはならないため、前に進みません。 そこで、読書感想文を楽に書いていくためのコツや、ヒントを探り、こうすれば簡単にまとめていける、という方法を紹介していきたいと思います。
中学生

千年の田んぼ:国境の島に、古代の謎を追いかけて

あらすじ:山口県萩市にある離島、見島の「八丁八反」と呼ばれる田んぼのにまつわるノンフィクションです。「見島」の田の成り立ちと、ため池の多さに対して不思議に思った筆者が島をまわってレポートします。 調査していくうちに、なぜため池が作られ、今までこの島がどういう歴史を繰り返していくのかが順々にあきらかになっていきます。調査の中で、筆者は「日本最古の田んぼ」である「条里田」ではないのかと疑問をもち、住民や専門家に話を聞き、解決の糸口を探ります。
中学生

太陽と月の大地

あらすじ:16世紀のスペインのグラナダ。キリスト教の支配力が強く、イスラム教徒たちはキリスト教に改宗するかスペインを去るかを迫られ、やむなく改宗させられたイスラム教徒は「モリスコ」と呼ばれ差別されていました。モリスコの人々は、改宗後もひそかにイスラム教を信仰したりすることも多く、キリスト教の人々はモリスコの人々が本当にキリスト教に改宗しているのか怪しんでいました。
中学生

一〇五度

あらすじ:イスの好きな中学3年生の真は、イス職人の祖父の影響もあってかイスを作りたいと思います。同じようにイスに興味があり、祖父もイス職人だった梨々と出会い、それぞれ真はイスのデザイナー(設計者)、梨々はモデラ―(製作者)を目指します。父から安定した職業についてほしいと真は反対され、イス作りを続けるには良い成績をとることを条件にされてしまいます。梨々も女の子だからという理由で反対されますが、お互いイス作りができるよう努力します。
小学校高学年(5・6年生)

クニマスは生きていた!

読書感想文の課題図書としては珍しい、理科(生物)に関する作品です。2010年12月、田沢湖で絶滅していたクニマスが発見されたというニュースがながれました。1940年、水力発電を行うため田沢湖にダムを作り、水力発電所を建設しました。この時、田沢湖の水量を多くして発電量をあげるため、玉川という川から水を湖に引き込みましたが、玉川毒水と呼ばれる強酸性の水が入ってしまったため、急速に湖の水質が悪化し1948年には田沢湖にしか生息しないクニマスは絶滅してしまいました。
小学校高学年(5・6年生)

ぼくとベルさん:友だちは発明王

あらすじ:テーマはハンディキャップであり、親として、一人の人間として読んでほしいイチオシの作品です。 1908年のお話。10歳の主人公エディはバデック(カナダ・ノバスコシア州)に農業をしている両親と、年の近い姉、弟と暮らしていました。ある時、電話を発明したことで知られるグラハム・ベルが町に帰ってくるとの知らせがありました。
小学校高学年(5・6年生)

こんぴら狗

あらすじ:絵は「いぬんこ」さんというNHK教育テレビ(Eテレ)の「シャキーン」のイラストを担当されている方で、可愛い挿絵です。1章~12章あり、それぞれ○年○月のお話、と章の初めに書かれており、その日にあった出来事は・・・、といったような話の展開です。ページ数は多いですが、少し字が大きめで読みやすい作品です。
小学校高学年(5・6年生)

奮闘するたすく

あらすじ:五年三組は毎日日記の提出が課せられている。野沢佑(のざわたすく)は、祖父が認知症になり介護の「デイサービス」へ通い始めたことについて、ある日、一行だけだが日記に書いた。いつものように学校で友人の長尾一平とふざけていると、廊下で怖くて有名な女担任の早田先生に呼び止められる。
小学校中学年(3・4年生)

すごいね!みんなの通学路

世界中の子供たちの通学する風景をとらえた写真絵本です。ページ数が32ページと少なく、ほとんどが写真です。文章は写真に添えられている程度で10分もあれば読み終えられます。小学校中学年対象となっていますが、低学年対象としてもよい作品です。